努力する

何十年もそこに気付けずに、また知ってても蔑ろにしてきた事を短期間で覆せるなんて、そうそうある事ではない。成果を早く求め過ぎるがあまり怪我をしてしまえば、その過程すら歩めない。成果が出るまでに掛かる時間は必ずしも努力量ではなく、その方向性と意識の量に左右される。頑張ってるという内容を精査してみると、意外と時間を無駄遣いしてないだろうか

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す