今一度考える

病気になった、怪我をしたから病院に行く。確かに分かる。けど、病気や怪我には原因があり、緊急に医者の手が必要な場合と、そうで無い場合がある。熱や鼻水などの風邪にしろ、身体が闘っているという証拠として症状が現れる。それなのに、直ぐに薬に頼り症状を治そうとする。その前に、何故風邪をひき、どういう理由で症状が現れているか考えたら、自ずと病院から足が遠のくはず。水、食べ物、食品添加物、ワクチン、経皮毒、農薬、生活習慣、電磁波など心当たりは周りに溢れている。そこから考えると…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す