続ける必要有るの?

グルテンフリーを行い、白砂糖系を摂らないようにしている。そんな生活だが、パンや甘い物を美味しそうに食べ、幸せな表情をしている人達を見ると、時々自分が今行っている事はどうなんだろうか?と考える事がある。
元々、僕はパンや白砂糖系は大好きだったけど、それを止める事に意味が有るのだろうか?あんなに幸せそうな顔をして食べてる人達がいるのに…。また、健康に気を付け、良いコンディションを保つ為だとはいえ、心にストレス溜まってるんじゃないか?などと考えてしまう。
色々な幸せの形が有る。自分が摂らないようにした物を食べている人達を批判しないようにしよう。もしかして、その批判精神の出処は自身の節制によるストレスに由来してるかもしれない。自己完結させられる事は続ける価値が有るかもしれないが、他者への批判精神を餌にして成り立つ物は幸せとはほど遠い…。ロクデモナイ…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す