主体は自分だけど、関係も大切に

人に謝る必要があると思った事をしてしまった時に直ぐに謝るようにはしているが、未然にそうならないようにどうあるべきか気を付けてはいる。だけど、あるべき姿から実際に外れてしまったと感じた時に、自分の情け無さに呆れてしまう。原因としては、その時の環境や心境に大きく左右され、平常心でいつも居られない事だと思う。不必要な場面での感情の高ぶりや、落ち込みは、周囲への配慮に欠けた対応を引き出しかねない。何を自分の中で優先させるかについて、今一度考える必要があると思った。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す