前のめりに

過去を振り返る事はあんまりしないようにしていた。それは、何かに執着してしまうとそれが手から離れていきそうな時には過剰に反応し、過去と比較して未来へ進む動機が弱くなってしまいそうだから。今でも撮った写真はあんまり見る事はしない。写真が執着の象徴とは思わないし、良い想い出だと思っているけど、手放す事で広がる事や進む事に期待しているから。新しい出来事を直ぐに過去のものとして進みたいという前のめり感を失わないようにしたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す