ふとした時がホンモノ

ヨガで動く時にこうしたら良いかな?とか、ああしたら良いな?と考えながらアーサナをとる。でも、無念無想でヨガやそれ以外の動きをしようとする事も大事で、その時に考えながら動いていた事が自然と出来ていなければ、身に付いてはいないという事だ。それは、嫌々ながらやったからかもしれないし、反復が足りなかったからかもしれないし。同じ事は心においても言える。口では良い事も言えるし、その時は実際に世の中的に正しい事を言っているのかもしれないが、実際にふとした時に出る言葉や言動がそうでなければ、自己の中に落とし込めていない。
ふとした時や、ここぞという時に出る自分が現状の姿だという事を理解してこそ、次へと繫がるように反省や反復が必要だと強く思える。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す