カッコイイは本物

美しいものやカッコイイものは、良く出来ている。他人から見て「美しいな」とか「カッコイイな」と思う物は、どこがどうとか言う必要も無く、何と無くだったり感覚的にそうだったりする。見て美しいと思う姿勢や華麗な動きがあるが、それらは元々人間の持つ力を出した時の姿に限りなく近いから、見ててそう感じるのだ。だから、美しいやカッコイイを感じる事が出来るのなら、どういう姿勢や動作を取れば良いのか本能的には分かっているから、誰でも近付ける。
僕は師匠のカッコイイアーサナに惚れた事がヨガ道へ入り込む入口の1つになった。カッコイイ事はその言葉の軽い使われ方以上に本能的であり、追い求めていく必要がある。それは、良い身体使いの目安にもなるし、僕自身がアーサナをとる時にとても大切にしている事。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す