引き上がる為に

言葉に捉われるとパフォーマンスが落ちると言う。
たとえばそれは、僕のクラスに来てくれた人に僕の身体の感覚を伝える為に言語化したものは、僕が感じた意識そのままだから。それをクラスに来てくれた人に伝えた所で、個人の身体はそれぞれ違うし、感覚においても大まかには同じだとしても、細かい所で違いがある。
他には、意識を言語化しただけなので、日本人のワビ、サビ感覚が外国人には理解出来ないように、意識の言語化には限界があるし、国によっても異なる。
だとしたら、どうするか?言葉に捉われないようにする事。言葉の中だけで動こうとしないという事になる。他人が感じた意識を言語化しただけの範囲内に自分を閉じ込めないようにする事が大切。もっと自分の身体の感覚を研ぎ澄まし、意識化する事が必要。人の助言でさえも捉われる事なく進む事も必要だと思う。僕のクラスに来てくれた人には少なくともそうなって欲しい。自分の感覚で僕と違う風に感じたとか、その他の人が言うのと違う風に感じたのなら、どうぞ自分の感覚を優先して下さい。それが1番正しいと思います。そうしないと、辿り着く先は人が言語化した意識の限界までしかない。
人の可能性はそこにとどまらず、もっと先だと僕の感覚には有ります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す