ブレても良いじゃないか

人として芯が有れば魅力的で、芯が無ければそうではないと良く言われる。芯が有ればブレない、不測の事態でも揺らがない、だから良いように思うけど果たしてそうなのか?芯が有るという事は有り様によっては頑固と一緒になってしまう。芯が有って良い状態とは、芯が有れども芯を覆うものは柔軟であり、覆うものがガチガチでは無い状態。これは、耐震構造を持った五重の塔などの建造物と同じ事。建造物の構造にすら生きる上でのヒントがあり、それはむしろ自然発生的なものなのだろう。芯ですら柔軟性を持たせガチガチに固めない事は、長く強く生きていく為に必要な事であり、身体面や精神面に結びつく事だと思う。

春菊とナッツと金柑を和えたもの。
それぞれの個性はあれど、まとまる事も出来る。
芯ばかりだと食べにくいからね😄

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す