ふり幅

今自分がしている食事の事を他の人に話すと、過去にどういうものを自分が食べていたかを思い出し、こんなのも食べてたな~っていう風に懐かしくなると同時に、今の食生活が良いのかどうかに自信が持てなくなってしまったりする。食生活を見直し自分に合ったものを探る過程で、排除してきたものや少なくしてきたものは多いけれど、それらを他の人が普通に食べる姿を目の当たりにした時に、少しばかりは食べてみようかな?とか少しだから大丈夫だと言い訳してしまいがちになりそうな自分に気付く。食べたら体調がベストでなくなるのは分かっているのに手を出しそうになる。誘惑が多すぎて気の迷いが生じてしまう。我慢しているつもりは無いけれど、どこかしら実は我慢しているのだろう。快適を手に入れたつもりだったけど、快適から少しばかり不調へ持ち込んでみたくなるのも、人間の生存欲求なのだろうか?様々なものへの興味と関心が自分を成長させる事を本能で感じてるのかもしれない。不調へ持ち込んでから快適へ転換する時のふり幅は大きい。より快適を求めるのであれば、不調への道を試してみるのも一つの手なのかもしれない。

多品目を使った料理は深みがあり美味しいけれど、シンプルで単純な料理に立ち返ったりする。それは、多品目を知ったからよりシンプルなものの良さが分かるという側面もあると思う。経験を積みつつ立ち返る場所は忘れない。それが大切なのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す