SMAP

SMAPが解散した。涙が出た。今までのSMAPのTVで見てきた関係性がTV上で作られたものと思いたくなかった。それを考えると、僕が生きている世界においても、そんな作られた関係性があるのかな?と考えてしまうから。そうは思いたくないもの。何があったかは分からないけれど、どうして解散に至ったのかについて語らない所を考えると、言えないドロドロとした何かがあったのだと推測できる。語らずに終わりを迎えるという結果になってしまった事に対しての悔し涙もあったのだろう。大人の事情が絡んでいる世界を見せてもらった事に対して、目を覆いたくなるような最後だった。僕が生きている世界も、規模は小さくてもあんな事は起こって欲しくない。言えないような事、言ってはダメな事、リーダーの中居正広に言わせてあげたかった。悔しかっただろうな。悲しい涙と悔し涙、昨日の涙は希望の涙というよりも見ててそっちの方が強かった。お金社会では今回の様な事が起こりがち。「お金を手放していきたい。」お金を遠ざけていけば、そんな事も減ってくるのかもしれない。ある人が言っていた言葉を思い出した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す