何をやってるんだ!

自分で何をやってんだと思う事があった。最近クロストレーニングとばかりに、ヨガの為に筋肉トレーニングやその他のスポーツトレーニングをやってたんだけれど、時にはヨガの時間よりもそれらが長くなる事があった。スポーツ理論には特異性の原理というものがあって、それはトレーニングの種類によって鍛えられる機能が違ってくるので、ヨガの為と思ってやってた事が僕の場合は効果として薄かった可能性が高い。効果があまり出なかったのにそれをしてた事を悔やんでるのではなく、ヨガの時間を割いてまでそれをやってた事を悔やんだ。僕はBTYの楽しさや遊び心や恰好良さに魅せられて、それを広めたいという気持ちを持ってヨガの道を進もうと思ったのに、ヨガが二の次になってる事があった事に、何やってんだ!って。自分のアーサナを磨きたければ、磨きたいものを100回でも1000回でも繰り返して深める為に探っていけば良かった。それが、僕の基本ベースのやり方だった。ベースを基にして付け足す作業をこれからはやっていこう。早く気付いて良かった。身体と対話しながらヨガを深めていく事が楽しみの一つだったから、原点に戻るぞ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す