主体的に生きる

メディアの報道の偏りは考え方だけにあらず、単なる気象状況にも表れているように思う。よくそれが感じられるのは関東地方へ台風が行く時や、首都圏を襲う大雨災害など。九州へ台風が接近してもそれほど騒がないのに、関東地方へ同クラスかそれ以下の台風が接近する場合のメディア報道の賑やかな事。そりゃ、関東への台風接近は九州と比べると少なくて防災体制も整ってないかもしれないし、影響を受ける人口も少ないだろうけど、扱いは同じにして欲しい。関東へ台風が行くと騒ぐなぁと感じている人々は多いと思う。視聴率を気にし過ぎるメディア、それに踊らされる人々、そのシステムを維持する事になってる一因は僕達にもあるという事は頭の隅に置いた上で情報を見て、判断して、行動する。そうしないと、一見主体的に生きているように思ってる自分も実は踊らされている可能性が高い。自分の意志で行動を決めてるという自信を持つ為には、疑いの目と批判の目はどこかで持っておくべきだと思う。それが、過剰にならないように。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す