忘れかけてた事

自分はどうなりたいか?と問われれば、ヨガのアーサナがどれも出来て、格好良くありたいと答える。どういたいか?には周りを含む自分が、漠然とになるが今が最高の瞬間だねという空間を、多くそして長く保った状態で過ごしたい。

ふと先日、あなたはこれからどうしたいの?って聞かれる事があったから、どうなりたいかとどういたいかを考えてみたんだけど、今の答えがこうだね。それは自分にとっての正解だったんだけど、パートナーはこの回答には不満だったようで、もっと具体的で現実でどのように形にして歩いて行くつもりなのかという事での答えが欲しかったようだ。確かに、僕の答えは曖昧で幼稚で非現実的なのかもしれないけど、それが夢であり、求める所だから今は崩す事も考えてないし、突き進む気満々でいるのだが、なにせ具体的な事が見えてこない状況においてはそれはパートナーに失礼であり、思いやりに欠けていた回答だと思った。パートナーにも関わらず、僕の道への関与を少しでも認めずに嫌がってた面は、自己中心的過ぎた。どういたいかの回答に、「周りと自分」としながら矛盾した事をしている自分を恥じ、反省した。夢は持ちつつも、それをどうしていこうかの相談をする事が、彼女への思いやりの1つになってくれると思ってる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す