選択と集中

まだ幼い頃は世間の様々な事に興味があり、多くの情報も頭にインプットされる事が多かったが、今では流行りの音楽や世間の出来事にも疎くなり、過ぎ去った後で知る事も多くなったりしている。これは単純に僕の記憶能力の衰えだとも言えるが、それよりも、選択と集中が成長と伴に進んできたからだと思う。自分にとって不必要な事や重要ではない事についてを記憶する事をしようとはせず、上手に隅に追いやってるのだと思う。そして、それに費やす時間を自分の興味のある事や重要だと思ってる事に充てているのではないか。そうしないと、限られた時間の中で生きていく事は難しい。あれもこれもやりたいが現実的には出来ない。その中で、自分が集中して選択した事に関してはその道のプロフェッショナルになるが如くそれぞれ人は歩んでいるような気がする。まだ、あれもこれも気になってる僕は好奇心は旺盛だと思うが、ある意味大人に成りきれてないと思う。これから、ヨギになる為にそぎ落とす所と、突き進む所を上手く選択していく必要があると考えている。ヨギへの道は遠くて、ワクワクする道。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す